2020年11月30日

七五三詣も一段落

 今年も多くの子供たちの七五三詣をご奉仕させていただきました。ご承知の通り、コロナ禍でのお参りとなり、受付組数の減、検温の実施、手指消毒の徹底、マスク着用のお願い等々、気を遣いながらの御祈祷となりましたが、大きなトラブルもなく一段落となりました。
 上手にお参りができた子、緊張のためか泣いてしまった子、弟に教えながらお参りするお兄ちゃん、諏訪大神様もそれぞれのお参りを微笑ましく見守ってくださったと思います。少子化の影響で、お宮参り・七五三参りのご奉仕も昔に比べると少なくなりました。その分、一件一件丁寧に、お参りの仕方や作法を教えながら、子供目線で御祈祷をしています。
 御祈祷を受けられましたお子様たちのお名前を、参拝記念のネームプレートにして掲示しております。この作業は宮司が一枚一枚手作りして作成しています。パソコンで名前をプリントし、拡大コピーをとり、切り貼りして、パウチ加工して完成です。完成したプレートは、諏訪十神連合のお手伝いによって掲示しています。子どもや孫の名前が掛かっているということで、親御さんやお爺ちゃんお婆ちゃんが携帯片手に撮影をしに来られます。境内の銀杏の葉の色づきとともに青空に映える黄色いネームプレートが、お子様たちの未来を祝福してくれているようです。

IMG_4034.JPG
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 16:18| 年中行事

2020年09月27日

夏の例祭斎行

 8月22日(土)23日(日)に、令和2年の例祭が斎行されました。お知らせしましたように、コロナ禍での祭礼となり、神輿・山車の渡御もなく、奉納演芸も中止、加えて露店の出店もない少々賑やかさに欠ける祭礼となりました。その中でも、ご参拝いただいた皆様には感謝申し上げます。
 今年で神職生活31年になりますが、神輿・山車の渡御が中止になったのは、初めてのことでした。東日本大震災の際にも、被災地に勇気と希望を届けようということで、浮かれることなく粛々と神事を執り行い、義援金を募り、メッセージを届けさせていただきました。しかし今回ばかりは自分たちも、いや、全国各地が新型コロナウィルスという見えない敵の被害者となりました。祭礼の趣旨や地区の経済を思えば、斎行したい…けれど神社の祭礼でクラスターが発生したら…何もかもが判断に迷う難しい局面でした。
 祭礼は22日に宵宮祭、23日に例祭を執り行い、地区と神社の関係者の皆様とともに大津の安全と繁栄、新型コロナウィルスの早期終息を祈念いたしました。例祭が終わると、七五三参り、初詣と、例年とは違う対応を迫られますが、これらの神事を終えるたびに反省会を行い、改善を加える体制をとっています。当神社は職員がいません。総代さんや世話人さん、諏訪十神連合の会員、多くのボランティアの皆様によって運営がなされています。参拝者はもとより、関係者の安全も考慮しながら、しばらくの間見えない敵とも付き合っていかねばならないと感じています。

例祭20−1.JPG

例祭20−2.JPG
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 13:14| 年中行事

2020年08月13日

例祭を迎えるにあたり

 例年、この時期ならば夏祭りの準備に追われ多忙な日々。社務所に戻り一息いれると、何処からか聞こえてくる祭囃子の練習の音、盆踊りの炭坑節…祭礼に向けての高揚感が高まってきます。しかしながら、今年は新型コロナウイルス感染症の影響で静かな夏を過ごしています。街中からラジオ体操・花火・祭礼・盆踊りなどあらゆる賑やかな音が消え、聞こえてくるのは蝉の鳴き声のみ…
 そんな静かな夏の終わり、8月23日(日)は当神社の例祭を迎えます。既にご報告の通り、神輿・山車の町内巡行は自粛、屋台の出店や奉納演芸もない寂しい祭礼ですが、ぜひ宵宮祭・例祭に合わせ、諏訪大神様、大津地区の産土(うぶすな)大神様にお参り(ご挨拶)にお越し下さい。そして日々の暮らし、普段の何気ない日常がどれほど有難いことなのかを、今一度見直す機会になればと思います。過去にも大震災、豪雨被害、土砂災害などのたびに連帯・絆・共助を合言葉に立ち上がってきた地区や日本人の紐帯(ちゅうたい)を、これほどまでに分断してしまう未知なる敵、見えないウィルス。一日も早い終息を皆様とともにご祈念いたしたく思います。
 宮司自身、満三十年のご奉仕になりますが、このような状況での例祭は初めての経験です。神職の祈願とともに大津地区の皆様の真摯(しんし)な祈りをともにご神前に捧げ、さらにご神威を増した神々のご加護により、安全繁栄・悪疫退散への導いてくださるものと確信しております。
 22日(土)23日(日)はご家族揃って「夏詣」にお越しください。

例祭2018.JPG
以前の例祭の模様

アマビエ様お守.JPG
アマビエ様疫病退散お守

御柱木札.JPG
プレ千二百年御柱祭の御柱から採られた木札
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ