2020年07月05日

「御柱祭」「夏越の大祓」オリジナル手ぬぐいの授与を始めています

 版画製作をされている氏子の方から、当社をモチーフにした版画作品が寄贈されました。いただいた数点の作品は、とても素晴らしいものばかりでしたので、それらの作品で当社オリジナルの手ぬぐいを製作しております。
 6年前の平成26年に斎行された「プレ千二百年 御柱祭」は、氏子の皆様の記憶に新しいことかと思われます。その時の建御柱(たておんばしら)を描いた版画作品をモチーフにして、この度手ぬぐい製作を行いました。6版(色)もの多色刷りで捺染(なせん)という染め方で仕上げています。
 同様に昨年は「夏越の大祓」をモチーフに製作したものもあり、当社オリジナル手ぬぐいは2種類ございます。当社の授与所のみで受けられます。(初穂料 700円)

手ぬぐい御柱祭.JPG
手ぬぐい「御柱祭」
建御柱12.jpg
プレ千二百年御柱祭 建御柱

大津諏訪神社手拭い.JPG
手ぬぐい「夏越の大祓」
大津諏訪神社 夏越.JPG
夏越の大祓
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 18:45| 授与品

2020年06月14日

令和2年 夏越の大祓中止について

 例年、6月30日に斎行される「夏越の大祓 茅の輪くぐり」は、お知らせのとおり中止となりました。元来、暑い夏の盛りの前に疫病の流行防止、悪疫退散を趣旨とする神事ですので、新型コロナウィルスの終息に向けて何とか執り行うことができないか、ギリギリまで検討を重ねましたが、例年500名を超えるご参加の皆様に加え、屋外とはいえ密集状態になりかねず、再感染の余波が懸念されるなか、やむなく中止の判断となりました。
 毎年ご参加をいただいている皆さまには、既に茅の輪の仮枠が参道に設置されておりますので、各自でくぐっていただき、お祓いを済ませてください。30日は茅(かや)で奉製の茅の輪を設置いたします。尚、夏の例大祭も同様の理由から、神輿・山車の連合渡御は中止の方向で協議中ですが、神社関係者を中心に、新型コロナウィルス終息に向けた神社ならではのアクション、氏子地域の皆様と共に何か出来ることがないか検討中です。

茅の輪1.JPG

茅の輪.JPG
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 14:16| お知らせ

2020年05月16日

御作田 御田植祭

 本日は朝から雨模様で、今年の御田植祭(おたうえさい)の田植えの前に行われる神事はご神殿で行い、その後冷たい雨が降る中、総代や世話人の手で田植えが行われました。以前紹介しましたが、播種祭(はんしゅさい)で播かれた種は、芽を出し成長し、苗(なえ)になります。その苗を一度全て抜き取り、下記2枚目の写真左手の竿に記されたマークの箇所に、等間隔で数本の苗を束ねて植えていきます。当社の御作田では、イセヒカリ・モチゴメ・アキタコマチの稲作を行っています。
 今後、日を追うごとに大きくなっていく稲の成長ぶりを見に、当社向かって右手駐車場の奥にございます御作田をのぞかれてみてはいかがでしょうか。

御田植1.JPG

御田植2.JPG

御田植3.JPG
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 13:53| 御作田