2018年05月30日

御作田 御田植祭

 今月13日(日)に、御作田の御田植祭(おたうえさい)が執り行われました。先日の播種祭で播かれた種は、芽を出し成長し、20センチほどの苗(なえ)になりました。その苗を一度全て抜き取り、3〜4本に束ねて8センチほどの間隔で、一列一列、苗を御作田に植えていきます。これが田植えになります。
 田植えから2週間ほど経ちました。苗は植えた時よりも成長しています。その成長ぶりを見に、皆さまも一度御作田をのぞかれてみてはいかがでしょうか。

御田植祭1.JPG

御田植祭2.JPG
【御作田の最新記事】
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 御作田

2018年05月06日

オリジナル朱印帳のご案内

 当社へも御朱印を受けに来られる参拝者は少なくありません。御朱印はもはや「ブーム」ではなくなってきているのを感じます。
 当社にオリジナルの御朱印帳があるのをご存知でしょうか。オレンジの地色に金の切箔を撒いた布地の表紙で、当社の神紋と社名が揮毫(きごう)されたものが箔押しされています。この朱印帳は、当社の授与所でのみ受けられます。(初穂料 1,200円、御朱印料300円は別途) 

IMG_5078.JPG

posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 授与品

2018年04月29日

御作田 播種祭

 社務所の右手の月極駐車場の奥に、ご神田「御作田(みさくだ)」があるのをご存知でしょうか。
 かつては、ここ大津地区でも稲作は盛んでした。日本人にとっての稲作の精神・文化を護っていこうと、平成十五年に御作田を開田しました。以来、総代・世話人が管理され、秋祭り(新嘗祭、にいなめさい)には、収穫されたお米をご神前に供え、直会(なおらい)には撤下したお米を参列者とともに食し、収穫の喜びをともに分かち合います。
 御作田としての年初めの行事、播種祭(ばんしゅさい)が今月8日に執り行われました。ご神田に種を播(ま)き、苗床で育て、田植えを待ちます。
 御作田の諸行事もこの“みかきのうち”で紹介していきますので、どうぞご期待ください。  

IMG_4898.JPG

IMG_4900.JPG
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 御作田