2020年12月17日

煤祓式(すすはらえしき)斎行

 年末の恒例式「煤祓え」が12月13日に執り行われました。宮司がご神前に式を執り行う旨の祝詞(のりと)を奏上して、笹竹にてご本殿の軒下、お末社、社務所、鳥居などを拭いながら、クモの巣やチリを祓います。その後、神職・総代・世話人が分担して担当箇所の掃除をします。当然神職は一番神棚に近いご本殿の奥から、順に総代、世話人と、役職や経験に基づき、大切な箇所から分担が決まります。
 ご家庭でも年末になると大掃除を行いますが、この「煤祓え」に由来します。お正月は年神様をお迎えする大切な期間です。神迎えのために、一年間の家中に溜まった汚れを祓い清めることが大切なこととされ、年神様に気持ちよく降臨していただくとたくさんのご利益を授かる、そう信じられてきました。
 江戸時代、関東では江戸城の煤祓えが12月13日に行われ、城内くまなく隅々まで大掃除を行いました。江戸の町衆もこれを見習い、同じ日に行ったようです。神社やお寺では13日に行う習慣が残っていますが、忙しい現代人には少々早すぎるようです。仕事が納まり次第、やる気を振り絞ってお励みください。来年はきっと良い年になります。

煤祓1.JPG

煤祓2.JPG
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 18:42| 年中行事

2020年12月05日

初詣参拝の取り組みについて

 コロナ禍のなかで年が暮れ、令和3年の新年を迎えようとしています。皆さまの思いは一つ。「早くコロナウィルスの流行が終息し、元の日常生活に戻れますように」新年早々初詣で願掛けの一つでもしたくなりますが、来年は申し訳ございませんが、「ずらし参拝」をお願い致します。
神社本庁も広報しておりますように、「3密の回避」「参拝者の安全確保」のため、節分までの間にゆっくりお参りいただきますよう、ご協力をお願いします。地元の皆様は特に、三が日以降の参拝をお勧めいたします。
当神社の取り組みといたしましては、
・境内でのソーシャルディスタンスの確保、一列3名にて前後の距離も確保(階段より上の参拝者数制限)
・参拝者のマスク着用のお願い
・手水舎の柄杓の撤去(流水にて手水)、賽銭箱前の鈴緒の撤去
・昇殿祈祷の一回あたりの組数を減らす(1回あたり6組まで)
・1月1日から5日の郵送祈願の推奨(昇殿回避の方)
・神社奉仕者(神職・巫女)のマスク・フェイスシールドの着用
・振る舞い(甘酒・スープ)の中止。みかんの配布は行います。
などの対応を執らせていただきます。
 なお、神符守札・縁起物類は、通常通り年明けからの授与となります。お取り置きのお申し出は受けられませんので、ご了承ください。
 6日以降の御祈祷は予約のうえ、お参りください。安全安心の参拝にご協力をお願い申し上げます。
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 14:04| お知らせ

2020年11月30日

七五三詣も一段落

 今年も多くの子供たちの七五三詣をご奉仕させていただきました。ご承知の通り、コロナ禍でのお参りとなり、受付組数の減、検温の実施、手指消毒の徹底、マスク着用のお願い等々、気を遣いながらの御祈祷となりましたが、大きなトラブルもなく一段落となりました。
 上手にお参りができた子、緊張のためか泣いてしまった子、弟に教えながらお参りするお兄ちゃん、諏訪大神様もそれぞれのお参りを微笑ましく見守ってくださったと思います。少子化の影響で、お宮参り・七五三参りのご奉仕も昔に比べると少なくなりました。その分、一件一件丁寧に、お参りの仕方や作法を教えながら、子供目線で御祈祷をしています。
 御祈祷を受けられましたお子様たちのお名前を、参拝記念のネームプレートにして掲示しております。この作業は宮司が一枚一枚手作りして作成しています。パソコンで名前をプリントし、拡大コピーをとり、切り貼りして、パウチ加工して完成です。完成したプレートは、諏訪十神連合のお手伝いによって掲示しています。子どもや孫の名前が掛かっているということで、親御さんやお爺ちゃんお婆ちゃんが携帯片手に撮影をしに来られます。境内の銀杏の葉の色づきとともに青空に映える黄色いネームプレートが、お子様たちの未来を祝福してくれているようです。

IMG_4034.JPG
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 16:18| 年中行事