2021年06月28日

夏越の大祓にむけて

 コロナ禍の影響にて昨年は関係者のみで斎行した夏越の大祓ですが、本年は開催を決断しました。世の流れは、イベントや会議、集会などはまだまだ自粛の傾向ですが、コロナウィルスとの付き合いも2年目となり、我々の知識・知見も蓄積されてきています。なんとか開催の方策を探りながら下した決断は、「分散参拝」となりました。
 コロナ以前の大祓は、午後4時からと午後6時からの2回に分けて行い、計700名ほどのご参列をいただいておりました。これでは三密・混雑を回避できず、ご高齢の方の参列も多いためどうしたものかと苦慮しておりましたが、今回は午後2時から20分間隔にて、午後6時40分からの回までの計15回、時間を短縮しての斎行といたします。三密回避と斎行時間短縮を図り、安全に執り行いたいと思います。時間を短縮するとはいえ、お祓いの主旨はきちんと押さえ、地区の安全と悪疫退散、ご参列の皆様方の健康・息災を祈願いたします。
 準備万端整えておりますが、何名がご参加されるのか、ご参列される皆様に差し上げている手作りの「茅の輪お守」をいくつ用意すれば良いのか。ホームページや広告掲載していますのでご参列いただきたい反面、来られすぎても三密回避・安全対策に支障が出るかもしれない…悩みは尽きません。それでも夏越の大祓という神事の原点に立ち戻り、疫病の防止・退散、大津地区の安全を一心に祈願します。皆様も神職とともにご参列のうえ、自身を清めコロナウィルスの感染終息にむけて、祈念をいたしましょう。
 同様に夏の祭礼も感染対策、三密回避を念頭に、神様とともに氏子中・祭礼関係者に寄り添った元気がでるお祭りができるよう、関係者にて協議を重ねております。宜しくご理解ご協力をいただきますよう、お願い申し上げます。

夏越茅の輪.JPG

夏越看板.JPG
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 15:08| 年中行事

2020年12月17日

煤祓式(すすはらえしき)斎行

 年末の恒例式「煤祓え」が12月13日に執り行われました。宮司がご神前に式を執り行う旨の祝詞(のりと)を奏上して、笹竹にてご本殿の軒下、お末社、社務所、鳥居などを拭いながら、クモの巣やチリを祓います。その後、神職・総代・世話人が分担して担当箇所の掃除をします。当然神職は一番神棚に近いご本殿の奥から、順に総代、世話人と、役職や経験に基づき、大切な箇所から分担が決まります。
 ご家庭でも年末になると大掃除を行いますが、この「煤祓え」に由来します。お正月は年神様をお迎えする大切な期間です。神迎えのために、一年間の家中に溜まった汚れを祓い清めることが大切なこととされ、年神様に気持ちよく降臨していただくとたくさんのご利益を授かる、そう信じられてきました。
 江戸時代、関東では江戸城の煤祓えが12月13日に行われ、城内くまなく隅々まで大掃除を行いました。江戸の町衆もこれを見習い、同じ日に行ったようです。神社やお寺では13日に行う習慣が残っていますが、忙しい現代人には少々早すぎるようです。仕事が納まり次第、やる気を振り絞ってお励みください。来年はきっと良い年になります。

煤祓1.JPG

煤祓2.JPG
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 18:42| 年中行事

2020年11月30日

七五三詣も一段落

 今年も多くの子供たちの七五三詣をご奉仕させていただきました。ご承知の通り、コロナ禍でのお参りとなり、受付組数の減、検温の実施、手指消毒の徹底、マスク着用のお願い等々、気を遣いながらの御祈祷となりましたが、大きなトラブルもなく一段落となりました。
 上手にお参りができた子、緊張のためか泣いてしまった子、弟に教えながらお参りするお兄ちゃん、諏訪大神様もそれぞれのお参りを微笑ましく見守ってくださったと思います。少子化の影響で、お宮参り・七五三参りのご奉仕も昔に比べると少なくなりました。その分、一件一件丁寧に、お参りの仕方や作法を教えながら、子供目線で御祈祷をしています。
 御祈祷を受けられましたお子様たちのお名前を、参拝記念のネームプレートにして掲示しております。この作業は宮司が一枚一枚手作りして作成しています。パソコンで名前をプリントし、拡大コピーをとり、切り貼りして、パウチ加工して完成です。完成したプレートは、諏訪十神連合のお手伝いによって掲示しています。子どもや孫の名前が掛かっているということで、親御さんやお爺ちゃんお婆ちゃんが携帯片手に撮影をしに来られます。境内の銀杏の葉の色づきとともに青空に映える黄色いネームプレートが、お子様たちの未来を祝福してくれているようです。

IMG_4034.JPG
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 16:18| 年中行事