2021年12月30日

小さな秋祭りと「御柱休め」の神事

 11月23日(火)は新嘗祭(にいなめさい)斎行の日。本年はこの日に併せて「小さな秋祭り」を開催しました。元々この企画は、イベント中止の余波を受けた屋台の店主、仕事が激減した芸人さん、練習の成果を披露したい演芸関係者、そして何よりも思い出の少ない夏休みを過ごした子どもたちの想いを汲んで、神社として地域のために何か出来ないか、開催のタイミングを計りながら検討してきたものです。
 「子どもたちが主役」の楽しいお祭りを目指して、地元で活動されているスタッフの方々のアイディアや企画への協力を得て、さまざまな内容が生まれました。スタッフの一人に東京オリンピックの聖火ランナーを務めた者がおり、快く聖火トーチを貸し出していただき、展示やトーチを持って写真撮影ができるブース。手作りの兜や甲冑の試着体験ができるブース。こちらは『鬼滅の刃』ブームも手伝い、人気のコーナーになりました。大人気だったのが屋台で使えるチケットを賭けたジャンケン大会。こちらは神社より子どもたちへのプレゼントとして、100円綴りのチケットを千円分、合計100枚準備して、演芸の合間に行われる勝ち抜けジャンケン大会でもらえるというもの。芸人さんが考えた「タケミナカタの神様とヤサカトメの神様が仲良くジャンケンポン!」という、諏訪神社のご祭神にちなんだ掛け声とともに、「勝った〜」「負けた…」の賑やかな声が、終日境内に響き渡りました。他にもお笑いライブやさまざまなパフォーマンスが繰りひろげられました。屋台の店主、裏方のスタッフ、みんなが心を一つにして、子どもたちのためにお祭りを盛り上げてくれ、久しぶりに子どもたちの笑顔がたくさん溢れる楽しいお祭りとなりました。
秋祭り1.JPG

 また、夕刻からは、建立から7年が経過し、損傷が目立ってきた御柱に感謝をこめて倒す「御柱休め」の神事と新嘗祭を斎行いたしました。
秋祭り3 (2).JPG

 早いもので今年もあとわずかとなりました。氏子の皆様、今年もありがとうございました。良いお年をお迎えくださいませ。
秋祭り3 (1).JPG
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2021年04月25日

生活支援基金開設

 先般お知らせの通り、諏訪大社様のご配慮により「諏訪御園」の開園と生活困窮者のための「支援基金」を開設いたしました。
 長引くコロナ禍のなか、三度目の緊急事態宣言が発令されました。県内でも「まん延防止等重点措置」として、横浜市・川崎市・相模原市ほか6市が検討されています。そのしわ寄せが多くの生活弱者、困窮者を直撃しています。アルバイト・パート・フリーターで生活を支えている方々、なかには正社員の方でも長引く不況で職を失う方もいらっしゃいます。神社にも「お一日参り(おついたちまいり)」の折に、就職祈願や仕事が早くみつかりますようにという心願成就の願意が増えました。祭礼に出店している露天商、演芸に出演の芸人さんたちも仕事がない上にアルバイトもままならない状況に追い込まれています。テレビのニュースで、最近よく賽銭泥棒の映像が流れ、「この罰当たり者が…」的な報道がなされていますが、(なかには窃盗犯もいますが)生活困窮のため、つい出来心で、という犯人もいるでしょう。宗教者(神職)としては、「罪を憎んで人を憎まず」。心ある方は罪を犯す前にご相談にいらしてください。些少ならば支援ができます。また、境内の草むしりや開園した諏訪御園(菜園)で汗を流し、半日でも働けば堂々と奉仕料を受け取っていただきます。ほんの出来心で罪を犯すより、先ずご相談ください。
 基本は自助。ご自身でできる限りの努力をなさってください。さらに助けが必要な場合は共助。NPO法人や支援団体にご相談ください。それでもままならない時は公助。国や行政の支援に頼ってください。この基金は公助をお受けになるまでの「つなぎ」とお考え下さい。
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 12:06| お知らせ

2021年03月13日

ちびっこ広場の閉鎖(遊具撤去)のお知らせ

 長年、地域の皆様に親しまれている参道右脇の公園「ちびっこ広場」ですが、3月20日をもちまして遊具を撤去いたします。遊具の経年劣化や老朽化により危険性が生じ、横須賀市より撤去の勧告を受けていましたので、これに応じることにしました。子どもたちの人口減少や新しい立派な公園が近隣の運動公園の入り口に出来ましたので、これも閉鎖を決めた判断のひとつです。
 学校帰りや夕暮れ時に、広場で三角ベースやサッカー、キャッチボールをしていた子どもたち。広場の隣が月極駐車場なのでボールがそれて車にドスン!社務所から「こらー!」なんて怒鳴ったのも懐かしい思い出です。近年は子どもたちの遊びもファミコンやテレビゲームが主流で友達の家に集まって遊ぶので、お外で元気よく、ましてやこのコロナ禍でステイホームが叫ばれる今、遊具で遊ぶ子も少なくなりました。
 遊具撤去後の跡地には、神社の「御園(みその)」を開園します。15坪ほどの小さな菜園ですが、神様のための畑で、神事に供える野菜類をここで育てます。駐車場奥の「御作田(みさくだ)」とともに、かつて日本人が稲作・耕作を生業とし日々の糧を得ていた生活、精神文化を継承して、そこから生まれた自然(神)に対する脅威や畏怖の念、恵みを与えてくださる感謝の心を育み、地域の子どもたちにも伝えていこうと考えています。ゆくゆくは広場に縄文時代の竪穴式住居や縄文土器を作ったりして、古代人の生活体験も出来たらいいな、などと考えています。
 遊具は撤去しますが、ベンチなどの使用、バトミントンやキャッチボール、軽い運動のご利用、お母さんたちの井戸端会議は自由ですので、お使いください。
*3月25日頃より撤去工事に入りますので、広場の一部は使用できません。工期は約2週間です。

遊具.JPG
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 11:18| お知らせ