2019年02月13日

稲荷祭

 立春を過ぎてもまだまだ寒い青空の下、大津地区の町内や家庭では、「正一位 稲荷大明神」の五色の幟旗をたて、稲荷祭が各所にて行われます。2月中の初午(はつうま)、二ノ午、三ノ午のご縁日に、1日に3〜4件を回って、家内安全・商売繁盛・無病息災を祈願して、お祓いをしています。
 江戸時代、名門の出身ではなかった田沼意次(たぬまおきつぐ)が、屋敷に稲荷神を祀って、幕府の要職、老中にまで大出世したという評判にあやかり、江戸の庶民も我も我もと小祠を建て、稲荷神を祀ったといわれています。「伊勢家稲荷に犬のくそ(街中でよく見かけるもの)」という戯言(ざれごと)が生まれるほど、流行したようです。
 昔は講(こう)によって神事が執り行われていましたが、後継者不足によりお社(やしろ)が廃祀されたり、町内会の主催になったりと、形を変えながらも大津の古い伝統を護り伝えています。神事の後は、お楽しみの直会(なおらい)です。お供えの油揚げを焼いて、お神酒で一杯。。。「忙中閑(ぼうちゅうかん)あり」ホッとするひとときです。

IMG_7347.JPG

IMG_7353.JPG

IMG_7376.JPG

IMG_7375.JPG
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 年中行事
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック