2021年04月17日

「諏訪御園(すわみその)」開園祭斎行

 先般のお知らせの通り、参道右脇の公園の隅に15坪ほどの菜園が出来ました、4月15日(木)に苗の植栽に先立ち、完成のお祓いと御園の守り神様である「御園社」の鎮座祭を斎行いたしました。御祭神は稲荷大神で、食物を司り豊作をもたらしてくださる神様です。祠(ほこら)や鳥居も、かつて氏子さんのお宅でお祀りされていたものですが、後継者がなく神社に合祀したものを敢えて使用させていただきました。開園祭には、総代世話人会と、御園の管理・指導をお願いしている、しらかばこども園で農園担当の鈴木宏之氏のご参列の下、夕闇迫るなか祝詞奏上・清祓・開園式・玉串拝礼と続き、御園の豊作と作業の安全が祈願されました。
 諏訪御園は神様のための畑で、神様に供える野菜類をここで育てます。御作田(みさくだ)とともに、かつて日本人が稲作・耕作を生業とし、日々の糧を得ていた生活、精神文化を継承して、そこから生まれた自然(カミ)に対する脅威や畏怖の念、恵を与えてくださる感謝の心を育み、地域の子供たちにも伝えていこうと考えています。ゆくゆくは広場に縄文時代の竪穴式住居や縄文土器も作成したりして、古代人の生活体験なども出来たら良いのかなとも考えています。
 なお、この御園は御本社の「諏訪大社」様に御分霊の拝戴のお願いの折、奉納金(金一封)のお申し出をいたしましたところ、宮司様より「規定の奉納でよろしいので、大津の氏子さんのお役にたつように、神社で考えてお使いください」とのお言葉を頂戴いたしました。総代会と協議をして、神社の境内整備の一環として、開園させていただき、他にも生活困窮者の支援基金も開設いたしました。この件は、後日お知らせいたします。

諏訪御園1.JPG

諏訪御園2.JPG
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 13:51| 諏訪御園