2020年04月05日

春祭りと境内の近況

 3月20日は恒例の春祭り(祈年祭)が執り行われました。しかしながら新型コロナウィルスの影響で、春祭りへの参列者のご案内ができなくなり、やむを得ず、総代・世話人を初め、数名の地区代表者によって祭典が斎行され、宮司の祝詞奏上に合わせて新型コロナウィルス流行鎮静祈願祭の祝詞も読み上げられ、一日も早い終息と大津地区の感染防止が祈願されました。この祝詞は毎朝の日供祭にても奏上されています。
 その後も首都圏・大都市にての流行が懸念され、横須賀市にても感染者がでて、緊張感や深刻の度合いが一気に高まりました。神社にもマスク姿の参拝者が多く見受けられ、休校となっている児童の息抜きの遊び場ともなっています。神社によりウィルスの影響を考慮して手水舎の柄杓を引き上げたり、ご神前の鈴緒を撤去したり、御朱印張への直接の書き入れを中止している神社もありますが、先行きへの不安、商売・仕事への影響など氏神様を頼ってお参りされる皆様になるべく普段通りお参りしていただきたく考えており、最大限配慮しつつも、ご自身にての対応、ご判断をいただき、心安らかに清々しく、ご参拝をお願い申し上げます。
 重ねて一日も早い終息と、ご逝去された皆さまのご冥福をお祈り申し上げます。

春祭り1.jpeg

春祭り2.jpeg
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 12:01| 年中行事