2019年03月23日

春祭り(祈年祭)

 東京で桜の開花宣言がなされた三月二十一日、春分の日には当神社恒例の春祭り(祈年祭)が斎行され、神社関係者、大津地区の代表者約五十名が参列されました。祈年祭はこの年の米作りや農作物の順調な成育を祈り、秋には豊作であることを予祝する神道の大切な神事です。
 古代において「さくら」は田の神様の宿る依り代(よりしろ)と考えられ、桜が咲くと「田の神様が冬籠もりされていた山から里へお出ましになられた」と喜び祝い、農耕の始まりの神事を行い、その直会が「お花見」の源流とも言われます。気候温暖な当地では、雪国のような厳しい冬を乗り越え春を迎えた喜びと、農事を初め、地区の産業が益々繁栄する様、心を込めて祝詞が奏上され、宮司による湯立神楽(ゆたてかぐら)が奉納されました。なお、神事の後、ご神田「御作田」に種籾(たねもみ)が播かれ、これより苗床作り、田植え、稲刈り、脱穀を経て御代始めの秋の新嘗祭にお供えする予定です。

祈年祭1.JPG

祈年祭3.JPG

祈年祭4.JPG
posted by 大津諏訪神社社務所[公式] at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 年中行事